南茅部で美味しい蕎麦を食べてきました「手打ちそば久蔵」その1

スポンサーリンク
蕎麦

手打ちそば久蔵

けっこう前から行ってみたいな〜と思っていた南茅部の蕎麦屋「手打ちそば久蔵」さん。
雪が溶けたので、さっそく行ってみることにしました。

お店の前に到着して車から出ると、昆布の香りがひろがっています。
さすが昆布で有名な町です。
お店は、二本柳旅館の中にあります。年季の入った趣きのある建物で昭和8年築で歴風文化賞を受賞したそうです。

手打ちそば久蔵

お店の入口手前に掲げられていたのは、そば打ち初段の段位認定証。
どんな蕎麦が食べられるのか期待に胸が膨らみます。

手打ちそば久蔵

七飯町の水、厚沢部のそば粉、南かやべ産白口浜昆布を使用しています。
道南の素材が集結した地産地消です。

手打ちそば久蔵

蕎麦を注文してから、待っていると揚げ蕎麦が出てきました。
お菓子のような感じでポリポリした食感で香ばしくて美味しいです。

手打ちそば久蔵

店内には、赤いひょうたんのようなものが飾られています。
よくよく見ると金色が混ざっていたり、面白い置物です。
テレビを見ながら待っていると、天丼セットがやってきました!

手打ちそば久蔵

手打ちそば、天丼(海老天2本、ししとう2本、なす)、桜餅という内容。
桜餅から、春らしい香りがしてきます。
器のセンスも良く、見た目も美味しそうです!

南茅部で美味しい蕎麦を食べてきました「手打ちそば久蔵」その2へ続く

»食べログで「久蔵」の口コミを読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
函データのTwitter
このブログを継続して読んでみたい方は、よろしければTwitterをフォローしてみてください。
新しい函館のグルメ記事が追加された時、ツイートしています。 また、このブログに載せていない函館とグルメの情報もツイートしています。
蕎麦
函館グルメブログ【函データ】
タイトルとURLをコピーしました