スポンサーリンク

「はこだて自由市場」の真昆布と煮干し

函館・道南の食品・食材
スポンサーリンク

新川町にある「はこだて自由市場」に行ってきました。

この日は乾物を購入。

 

自由市場 函館 昆布

南茅部産の真昆布。

A4よりふた回りくらい大きい袋にたくさん入った真昆布は1,500円。小さくきれいに切りそろえられていて1,000円の真昆布もあったけど、お店のお母さんがこっちも同じ真昆布だよ、と教えてくれた大容量タイプ。

昆布はできれば地元産のものを使いたいし、南茅部産の真昆布は本当に美味しいだしがとれる。

そして、あまり見かけないほど立派な煮干し。

自由市場 函館 煮干し

自由市場に行くたびに、お気に入りのお店が増えている気がする。今回真昆布と煮干しを購入した乾物屋さんも、お店の方がとても感じが良く、気に入ってしまった。購入した食材の美味しい食べ方を教えてくれたりするし、購入したものもとても美味しいので、行くたびにいろいろなお店のファンになってしまう。

今回は乾物を紹介したが、もちろんたくさんの鮮魚や干魚も購入できる。

過去の記事はこちらからどうぞ↓
»はこだて自由市場の「本まぐろ」
»はこだて自由市場で買った刺身など
»はこだて自由市場「和田商店」の絶品干し魚

電車道路沿いにあるので、観光客の方にもオススメ!

»はこだて自由市場のホームページはこちら

スポンサーリンク
この記事を書いた人
函データ

函館で食べ歩きをすること20年。いままで行った飲食店は1,000件以上。
いろんなお店を食べ歩きするうちに、味の違いがわかるようになり、自分が心から美味しいと思う店を他の誰かにも知ってもらいたい、旅行で函館に来る人に食べて旅を楽しんでもらいたい、と思うようになり、このブログを書き始めました。ブログ歴は10年弱です。
実際に行ったみて、本当に良いと思ったお店だけ忖度なしで紹介しています。函館での外食の参考にしてもらえると嬉しいです。

よろしければTwitterフォローしてください。新しい記事の更新情報や函館情報をツイートしています。

このブログを継続して読んでみたい方は、よろしければTwitterをフォローしてみてください。 函館のグルメを通じて函館をもうちょっとだけ楽しむことをテーマにやってます。 ブログに載せていない情報もあります。
函館・道南の食品・食材
函館グルメブログ・函データ
タイトルとURLをコピーしました